自然がある場所に行く子の割合

 子どもが公園や林に行ったり動植物を観察したりする自然体験の頻度は、学校周辺の環境より、自然に対する子どもの関心度や保護者の態度が大きく影響するとの調査結果を、白鴎大教育学部の山野井貴浩(やまのいたかひろ)准教授(理科教育)らの研究チームが26日までに発表した。「都市化が進んだ地域でも、子どもと親の興味や関心を促せば自然体験は維持できる」としている。

 子どもの自然離れの要因を探るための調査で、2017年9月に県内22市町計45校の小学5、6年生5402人を対象にアンケートを実施した。