プロバスケットボールB1第21節は25日、各地で2試合を行い、東地区2位の栃木ブレックスはブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で中地区2位の川崎と対戦、残り2秒にジェフ・ギブスが逆転ゴールを決め、79-78で競り勝った。通算27勝7敗で、順位は東地区2位のまま。

 ブレックスは第1クオーターを24-15とリードしたが、第2クオーターに逆転を許して37-38で前半を終了。57-52で迎えた第4クオーターは連続失点し、一時は9点ビハインドを背負った。しかし、遠藤祐亮やギブスの得点などで残り36秒に1点差にまで追い上げ、最後もギブスがシュートを決めきった。

 ブレックスは26日午後6時5分から、同会場で川崎と対戦する。