著作権者に無断で公開された漫画など著作物全般のダウンロードを違法化し、刑事罰の対象とする文化審議会小委員会の報告案の意見公募に、関係団体や個人から「議論が尽くされていない」などの反対意見が相次いで寄せられていることが25日、分かった。文化庁は通常国会に著作権法改正案を提出する方針だが、罰則対象をどこまで広げるかが焦点となりそうだ。

 小委が25日公表した意見公募結果によると、大手出版社などを中心に「海賊版サイトの撲滅に効果的」と歓迎する声が目立った。一方、「表現の自由や知る権利への障害にならないような配慮が必要」(日本新聞協会)との指摘もあった。