8年ぶりに復活した天然リンクでスケートを楽しむ子どもら=20日、栃木市千塚町

 栃木市内唯一の天然リンクの屋外スケート場「宮スケートセンター」(同市千塚町)が27日、8年ぶりに再開する。1958年のオープン以来、半世紀にわたり長く地元に愛されてきたが、管理していた同市内の男性が2011年に亡くなり閉鎖した。復活を望む地元の熱い声を受け、住民による地域おこし組織「吹上地区まちづくり協議会」が中心となって数年がかりで準備してきた。

 スケート場は同市宮町、農業峯岸茂男(みねぎししげお)さん=享年(81)=が天然氷を生産していた農地を改修して整備した。冬季は峯岸さんが泊まり込みで氷を張るなどしてほぼ毎年営業、地元小学校のスケート大会も開かれていた。

 27日の再開以降は、2月3、10、11日の3日間オープンする。午前10時~午後3時。高校生以上500円、小中学生100円、幼児無料(スケート靴貸し代を含む)。天候により中止となる場合がある。(問)吹上公民館0282・31・1792(平日のみ)。