漬物だるを使ったミニかまくら作り

 【日光】「湯西川温泉かまくら祭」(同祭実行委員会主催)が26日から始まるのを前に、湯西川温泉旅館組合の組合員が中心になり24日、沢口河川敷で“名物”のミニかまくら作りが始まった。例年よりも積雪が少ないものの祭への支障はなく、準備が着々と進んでいる。

 同祭は冬場の観光振興を図ろうと始まり、26回目。7カ所の会場があり、中でも「沢口河川敷ミニかまくら会場」にミニかまくらが並び、内部にろうそくがともる幻想的な光景は、日本夜景遺産に認定されるなど人気を集めている。

 祭は3月3日まで。会場によってイベントの休業日があり、入場料などがかかる場合もある。(問)市観光協会0288・22・1525。