2月に「とちぎマルシェ」を開催するFKDショッピングプラザ宇都宮店内=宇都宮市

 福田屋百貨店(宇都宮市戸祭元町、福田宏一(ふくだこういち)社長)は食品から衣料、雑貨まで“知られざる”本県産逸品を一堂に集めた販売イベント「とちぎマルシェ」を、2月20日~28日、宇都宮、インターパーク、鹿沼の3店舗で実施する。全店各売り場に「『とちぎ』の新たな価値」をちりばめ、本県の魅力を発信する。

 福田屋百貨店が本県産品にだけ焦点を当てるイベントは初めて。「栃木県」のキーワードがそれほど強くなかったためだが、綱川雅巳(つなかわまさみ)プロジェクトリーダーは「それは『栃木県』の切り取り方が難しいためだ。今回は『栃木県』を深掘りし、本県の新しいもの、新たな価値を見いだせるものにする」と説明する。