植物や岸壁を彩るしぶき氷

植物や岸壁を彩るしぶき氷

 【日光】奥日光の中禅寺湖東岸にある歌ケ浜駐車場周辺で、連日の強風によって岸辺が今冬初のしぶき氷で覆われている。

 地元自然ガイドによると、18日を中心に吹き荒れた風で湖から舞い上がった水が岸辺に当たり続け、しぶき氷が発達した。

 岸壁はびっしりと氷に覆われ、手すりは場所によって隙間なくつららが付いて氷のカーテンのようになっている。22日午前は氷点下2・5度前後と冷え込む中、写真愛好家が訪れて自然が織り成す氷の芸術にカメラを向けていた。

 神戸市長田区、主婦藤原(ふじわら)しづ子(こ)さん(70)は「10年以上前から訪れている。今年は暖冬の割にしぶき氷の出来が良い。最高の写真が撮れた」と話していた。