22日午後0時20分ごろ、千葉県白井市中の資材置き場で、男性作業員がブルーシートに包まれた遺体を見つけ、110番した。県警によると、頭部が白骨化しており、成人とみられるが性別は不明。県警は死体遺棄事件とみて身元の確認を急いでいる。

 資材置き場は千葉県内の不動産会社が所有し、解体現場で出た木材や金属を集めている。作業員は資材などの分別中にブルーシートを見つけた。県警は作業員らから事情を聴き、遺体が遺棄された経緯や時期を調べる。