横浜事件を巡る国家賠償請求訴訟で、上告却下を受け記者会見する遺族の木村まきさん(左)と森川文人弁護団長=22日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

 戦時下最大の言論弾圧とされる「横浜事件」で、特高警察による拷問を受けたとして中央公論編集者だった故木村亨さんら元被告2人=再審で免訴確定=の遺族が国家賠償を求めた訴訟で、弁護団は22日、書面の期限を失念して提出しなかったため、上告が退けられたと明らかにした。決定は18日付。

 森川文人弁護団長は「手続きミスで門前払いになり、原告や支援者に心から謝罪する」と述べた。却下を受け、特別抗告を検討するという。木村さんの妻まきさん(69)は「残念だが、今後も訴えを続ける」と話した。