毎月勤労統計の不正調査を巡り、厚生労働省の担当者が、2018年9月の総務省統計委員会の場で虚偽の報告をしていたことが21日分かった。