21日午後0時10分ごろ、壬生町助谷の会社敷地内堆肥置き場で火災があり、木材チップ堆肥約3万立方メートルから白煙が上がった。けが人はなかった。

 栃木署によると、会社従業員が、敷地内に保管された堆肥からの発火に気付き消火活動をしていたところ、通行人が状況に気付き119番したという。同署で出火原因などを調べている。