男子シングルス4回戦でプレーする錦織圭=メルボルン(共同)

 女子シングルス4回戦でプレーする大坂なおみ=メルボルン(共同)

 男子シングルス4回戦でプレーする錦織圭=メルボルン(共同)  女子シングルス4回戦でプレーする大坂なおみ=メルボルン(共同)

 【メルボルン共同】テニスの全豪オープン第8日は21日、メルボルンで行われ、シングルス4回戦で男子の錦織圭と女子の大坂なおみが勝ち、準々決勝に進んだ。四大大会のシングルスで日本の男女がそろって8強入りするのは昨年の全米オープンに続いて3度目。

 第8シードの錦織は第23シードのパブロ・カレノブスタ(スペイン)に6―7、4―6、7―6、6―4、7―6で逆転勝ちし、全豪では3年ぶりのベスト8進出。

 四大大会2連勝に挑む第4シードの大坂は第13シードのアナスタシヤ・セバストワ(ラトビア)を4―6、6―3、6―4で下し、同種目の日本勢で19年ぶりの8強入りとなった。