市運動公園内に設けられたリンクでスケートを楽しむ親子連れ

 【佐野】赤見町の市運動公園内に設けられた期間限定の人工スケートリンク「さのまるリンク」が人気だ。氷の代わりにプラスチックが張られた小ぶりなリンクで、子どもでも楽しめるとあって、20日も多くの親子連れでにぎわった。

 リンクは10メートル四方で、床面のプラスチックには潤滑剤を散布している。参加者には専用のスケート靴を貸し出し、周囲には初心者がつかまれるようにフェンスと手すりが設けられている。20日は親子や幼いきょうだいなどが多く訪れ、手をつないで笑顔で滑る姿もあった。

 親子でスケートを体験した堀米町、会社員茂木貴司(もてぎたかし)さん(41)は「初めて娘とスケートができて楽しかった。いずれは氷のリンクにも連れていきたい」と笑顔を見せ、長女の呉葉(くれは)ちゃん(4)も「ちょっと怖かったけど楽しかった」と話した。

 リンクは3月10日までの土日・祝日などに営業。午前10時~午後4時。大人1千円、高校生以下600円、幼児無料。

 (問)公園管理事務所0283・25・0403。