練習を前に森保監督(手前)の指示を聞く日本イレブン=シャルジャ(共同)

 【シャルジャ(アラブ首長国連邦)共同】サッカーのアジア・カップで2大会ぶりの優勝を狙う日本代表は21日午後3時(日本時間同8時)から、アラブ首長国連邦のシャルジャでの決勝トーナメント1回戦でサウジアラビアと対戦する。20日は試合会場で大半を非公開として最終調整し、戦術を確認した。

 練習を公開した冒頭では右臀部痛の大迫(ブレーメン)が全体練習に加わり、腰痛の東口(G大阪)は別調整で右膝痛の青山(広島)は不参加。森保監督は記者会見で「これまでより厳しく、難しい試合になると覚悟している。それだけの力を持ったチームがサウジアラビアだ」と警戒した。