バドミントンのマレーシア・マスターズは20日、クアラルンプールで各種目の決勝が行われ、女子ダブルスで世界ランキング1位の福島由紀、広田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)がグレイシア・ポリー、アプリヤニ・ラハユ組(インドネシア)に2―1で逆転勝ち、優勝した。

 混合ダブルスの渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)は、タイのペアをストレートで下して優勝した。(共同)