幻想的な光りが温泉街を彩る「塩原温泉竹取物語」=19日午後5時50分、那須塩原市塩原の塩原もの語り館

幻想的な光りが温泉街を彩る「塩原温泉竹取物語」=19日午後5時20分、那須塩原市塩原の塩原もの語り館

幻想的な光りが温泉街を彩る「塩原温泉竹取物語」=19日午後5時20分、那須塩原市塩原の塩原もの語り館

幻想的な光りが温泉街を彩る「塩原温泉竹取物語」=19日午後5時50分、那須塩原市塩原の塩原もの語り館 幻想的な光りが温泉街を彩る「塩原温泉竹取物語」=19日午後5時20分、那須塩原市塩原の塩原もの語り館 幻想的な光りが温泉街を彩る「塩原温泉竹取物語」=19日午後5時20分、那須塩原市塩原の塩原もの語り館

 手作りの竹灯籠の光が温泉街の夜を彩る「塩原温泉竹取物語」が19日、那須塩原市の塩原温泉街中心部で始まった。赤や青、紫、黄色などに変化する幻想的な竹のイルミネーションが、観光客らを楽しませている。

 塩原温泉観光協会が企画し、今回で4回目。竹灯籠は地元の門前や新湯地区の住民らが中心に制作。長さ15センチ~2メートルの孟宗竹(もうそうちく)に穴を開け、内部に発光ダイオード(LED)を入れた。

 点灯は午後5時~9時。3月31日まで。