上位進出を目指して合同練習で汗を流す本県チーム=13日、栃木市総合運動公園陸上競技場

 第24回全国都道府県対抗男子駅伝は20日、広島市の平和記念公園前発着の7区間、48キロで行われる。前回20位の本県はベテラン宇賀地強(うがちつよし)(コニカミノルタ)や正月の箱根駅伝で2区を走った梶谷瑠哉(かじたにりゅうや)(青学大)を軸に上位進出を狙う。レースは午後0時半スタート。

 2011年に初優勝を飾った本県チームは12年以降、4位、13位、20位、10位、17位、16位、20位。今大会は大会本部が算出する持ちタイムランキングで13位。鈴木賢一(すずきけんいち)監督(那須拓陽高教)は「目標は10位台。県勢の意地を見せたい」と意気込む。