2018年6月、会談の冒頭で握手する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領=シンガポール(AP=共同)

 米朝首脳の再会談について発表するサンダース大統領報道官=18日、米ワシントン(ゲッティ=共同)

 2018年6月、会談の冒頭で握手する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領=シンガポール(AP=共同)  米朝首脳の再会談について発表するサンダース大統領報道官=18日、米ワシントン(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は18日午後(日本時間19日午前)、ホワイトハウスで北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の側近、金英哲党副委員長と約1時間半にわたり会談し、2度目の米朝首脳会談を2月末ごろに開催することで合意した。サンダース大統領報道官が明らかにした。再会談の場所は後日発表する。米側は今後、実務レベルの協議で詳細を詰める構えだ。

 金英哲氏は金正恩氏の親書をトランプ氏に渡したとみられる。サンダース氏は記者団に、会談が「生産的だった」と評価し北朝鮮との対話維持の姿勢を強調する一方、「非核化を見るまで北朝鮮に対する圧力と制裁を維持する」と述べた。