京王電鉄の子会社「京王観光」が取り扱う団体旅行でJRの乗車料金を支払わない不正が繰り返された問題で、京王観光の大阪の2支店と福岡支店が不正な発券をしていたことが18日、関係者への取材で分かった。ほかの支店でも不正があった可能性があり、京王観光やJR各社は確認作業を進めている。

 関係者によると、実際の旅行参加者より少ない人数の乗車券を発券。駅の改札では、旅行会社が客を案内していることを理由にJR側の人数確認が厳密に行われないことを悪用し、差額を不正に得ていたという。