白鵬(左)が正代を寄り切りで下す=両国国技館

 大相撲初場所6日目(18日・両国国技館)右足負傷の鶴竜の休場で一人横綱となった白鵬は平幕正代を力強く寄り切り、6連勝とした。

 2大関はともに白星。高安は錦木を寄り切り、星を五分に戻した。豪栄道は松鳳山を寄り切って、2勝4敗とした。

 先場所優勝の関脇貴景勝は栃煌山に送り出され2敗目。関脇玉鷲は4勝目。御嶽海は妙義龍との小結同士の対戦で押し出され、初黒星を喫した。

 勝ちっ放しは白鵬と平幕阿武咲の2人になった。御嶽海や新入幕の矢後ら5人が1敗で追う。