JR東日本によると、18日午前10時7分ごろ、JR両毛線岩舟駅構内で、下り線の枕木から煙が出ているのを乗務員が発見した。このため、桐生~小山駅間の運転を一時見合わせ、駆け付けた消防署員と現場付近で作業をしていた関係会社の社員による消火活動と安全点検を行い、同10時59分に運転を再開した。

 現在、発煙の原因を調べている。この影響で上下2本が最大35分遅れ、約160人に影響した。