17日午前10時半ごろ、足利市板倉町の同市坂西北小北側の山林にクマ1頭が出没したと、同校教頭が足利署に通報した。休み時間に校庭で遊んでいた児童2人がクマを目撃し、別の教員に知らせた。県によると、県内で今年のクマの目撃情報は今回が初めてという。

 同署や市によると、クマの体長は約1メートル。現場の山林は校庭と隣接しており、周辺には民家が点在している。