ファンの集いをPRする川嶋事務局長

 【下野・真岡】市観光協会と真岡市観光協会は19日、薬師寺の道の駅しもつけでとちぎテレビのアニメ「まろに☆え~る」ファンの集いを初めて開く。同作品に登場するキャラクター瓜田瑠梨(うりたるり)が市観光大使を務め、同春崎野乃花(はるざきののか)も「もおか“いちご”チアリーダー」に任命された縁で、両観光協会が初めて連携した。検定やコラボレーショングッズ販売などで魅力発信の相乗効果を狙う。

 両観光協会は地理的に隣接しながら、広域行政区分では県南部と県東部に分かれることが多く、これまでほとんど交流がなかった。2017年9月、先行する下野市に続き真岡市も同作品のキャラクター活用を始めたことで、両者は県内アニメイベントなどで交流を深めた。18年9月、市観光協会の呼び掛けでイベント共催を決めた。