アイデア賞を受賞した深沢君

 プログラミング学習用小型パソコン「ラズベリーパイ」を使った電子工作作品やアイデアを募る「みんなのラズパイコンテスト2018」(日経Linuxなど主催)で、那須塩原市青木小4年深沢舜(ふかさわしゅん)君が、飼い猫と野良猫を見分ける「猫識別装置」でアイデア賞を受賞した。深沢君は「家族の悩みを何とかしようと考えた。今度は電子工作にも挑戦したい」と笑顔を見せる。

 同コンテストは2014年から開催。今回は過去最多となる184件の応募があり、アイデア賞は深沢君を含む2作品が受賞した。