新シーズンのチームスローガンを掲げる栃木GBの寺内監督=県庁

 新首脳陣を迎え、新たな一歩を踏み出した野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)。16日の県庁記者クラブで行われた会見で、寺内崇幸(てらうちたかゆき)監督は「投手を中心とした守備を強化し、僅差で勝てるチームにしたい。無安打でも1点を取れるようなスピード感のある野球を見せたい」と目指すチーム像を語った。

 指導面では「一人一人と向き合いたい」とコミュニケーションを重視する姿勢を強調。今季のチームスローガン「歩(あゆむ)」を直筆した色紙を掲げ「自分自身で考えて勇気ある一歩を踏み出してほしい」と選手に意識改革を求めたほか、「NPB(日本プロ野球機構)のドラフトで本指名される選手を育てたい」と目標も口にした。

 寺内監督は飯原誉士(いいはらやすし)ヘッドコーチ兼選手とは同い年で、岡田幸文(おかだよしふみ)外野守備走塁コーチは1学年下。同世代の首脳陣について「NPBの時から一緒にやれたらと思っていたので本当にうれしい。不安は全くない」と力を込めると、飯原ヘッドコーチも「若い指導陣だが一丸となれば立ち向かっていける」と話した。

 一方、NPBで外野手として2度のゴールデングラブ賞を受賞した岡田コーチは「どんな風に成長したいのか選手と話し合いながら指導したい」と方針を示した上で「守備で重要な状況判断などを教えたい」と意欲を語った。栃木GBは今季がリーグ参戦3年目。昨季は東地区前期5位、後期3位の成績を残した。

 寺内監督の一問一答は次の通り。