画家で女優の蜷川有紀氏が、日本古来の画材である岩絵の具を用いて新たな日本画として制作・発表する「ダンテプロジェクト」。
 イタリアの詩人ダンテの代表作で、地獄篇・煉獄篇・天国篇の3部からなる長編叙事詩「神曲」の世界観を700年の時を超えてアートとして再現し、注目されています。2017年に第1弾として発表された「地獄篇」に続くプロジェクト第2弾「煉獄(れんごく)篇」が、プレッソの協賛社でもあるヴィラ・デ・マリアージュ宇都宮内セントグレイス教会地下をアトリエとして始動します。
 これを祝して開かれるキック・オフ・イベントにプレッソ会員様をご優待いたします。この機会に、期待のプロジェクトの幕開けに是非お立ち合いください。

画家・女優 蜷川有紀氏

蜷川有紀(にながわ・ゆき)氏 プロフィール

画家・女優。1978年、つかこうへい構成・演出『サロメ』にて、3千人の応募者の中から主役に選ばれ女優デビュー。以降、多数のテレビ・映画・舞台で活躍。2005年より女優業を休業し、画家として活動を開始。08年Bunkamura Galleryにて絵画展『薔薇めくとき』を開催。同年度、情報文化学会・芸術大賞受賞。17年蜷川有紀展『薔薇の新曲』では、ダンテの『神曲-地獄篇-』をテーマにした3m×6mの超大作を発表。アートイベントとしても異例の成功を収めた。青森県立美術館アドバイザー。大正大学客員教授。

 

セレモニ-日程・会場

日 時

1月31日(木)16時開場
17時~      セレモニー・ペインティング見学(※初めの一筆を入れ制作を開始)
17時半~19時半 ナチュラルフレンチの立食パーティー

会  場

ヴィラ・デ・マリアージュ宇都宮(宇都宮市西原町3558-1)

会 費

プレッソ会員および会員の同伴者 おひとり 5,000円のところ ⇒ 3,000円
※当日会場にてお支払い。プレッソ商品券でのお支払いも可。

優待人数

申込先着 25名

お申込方法

受付期間

1月17日(木)~25日(金)12:00まで

申込先

下野新聞レディースクラブPresso2018事務局
FAX:028-625-1635 メール:presso@shimotsuke.co.jp

応募時必要事項

「キック・オフ・イベント申し込み」の件名と①会員番号と氏名②同伴者ありの場合は同伴者の氏名(プレッソ会員の場合は会員番号も)③申込代表者の日中連絡の取れる電話番号

お申し込みを受け付けた方から順次、当日のご案内を送付いたします。

【お問い合せ】
レディースクラブ事務局(下野新聞社内)
TEL 028-625-1147
※平日 9:30~12:00、13:00~17:00