県が開発した新品種の白イチゴ「栃木iW(アイ・ダブリュー)1号」について、商品名候補は「ゆきおとめ」「ホワイトプリンセス」「ミルキーベリー」の三つで、商標登録出願中であることを、福田富一(ふくだとみかず)知事が16日の定例記者会見で明らかにした。

 新品種が“いちご王国・栃木”の新ブランドとして期待される中で、福田知事は「(商品名について)特許庁の審査後、できるだけ早い時期に決定したい」と述べた。県経営技術課によると、審査はまだ始まっていないという。