中高年に好評の「笑いヨガ&めい想教室」

 【栃木】笑いと呼吸法を組み合わせた健康体操「笑いヨガ」の普及に取り組んでいる市民団体「蔵のまち笑いヨガくらぶ」(高久恒子(たかくつねこ)代表)が先月、発足丸2年を迎えた。市民対象の「笑いヨガ&めい想教室」を市内2カ所で主催し、「明るく元気になった」などと中高年から好評を博している。メンバーらは「地域全体の健康作りに寄与したい」と意気込んでいる。

 同団体は2016年12月、高齢者教室で笑いヨガを取り入れていた岩舟町静、笑いヨガ認定講師高岩初枝(たかいわはつえ)さん(65)が、門下の講師14人と立ち上げた。現在は28人が登録され、市内外の高齢者施設や自治体の介護予防教室に出向くなど、笑いヨガの普及に取り組んでいる。