まといを振りかざす鹿沼鳶工業組合のメンバー

 【鹿沼】新春恒例の市消防出初め式が14日、市内で行われ、消防団員や市消防本部職員ら約700人がパレードをしたり、黒川河川敷で一斉放水を披露したりして市民に防火を呼び掛けた。

 市民文化センターでの式典や表彰式の後、古峯原(こぶがはら)宮通りで「分列行進」。佐藤信(さとうしん)市長をはじめ、北村一郎(きたむらいちろう)副知事、地元3県議、小池一也(こいけかずや)消防長らが観閲した。