演武を披露する空手道の選手たち

演武を披露する空手道の選手たち

演武を披露する空手道の選手たち 演武を披露する空手道の選手たち

 【矢板】市柔道連盟、市剣道連盟、市空手道連盟は13日、本町の市武道館で合同の鏡開きと初稽古を行い、約150人が参加した。この時季の恒例行事で、各連盟に所属する子どもから大人までが一堂に会して心地よい汗を流した。

 稽古後の式典で市柔道連盟の和気進(わきすすむ)会長(68)は「栃木国体に向け各スポーツ団体が頑張っている。目標を持ち日々精進して」と選手を激励した。

 その後各連盟の代表選手3人が斎藤淳一郎(さいとうじゅんいちろう)市長や守田浩樹(もりたひろき)県議ら来賓を前に「後輩の手本になりたい」「中学生の大会で結果を残したい」などと新年の抱負を元気よく誓った。選手たちによる演武も行われ、会場を盛り上げた。