県立中高一貫校の宇都宮東、佐野、矢板東の3高付属中の適性検査などが12日、各校で行われた。3校の総受検者は前年比9人減の912人。倍率は宇都宮東が4・48倍(前年4・53倍)、佐野が2・62倍(同2・35倍)、矢板東が2・39倍(同2・83倍)で、佐野が前年を上回った。

(下野新聞ホームページ「SOON」に問題と解答例を掲載)

◇とちぎの受験