市独自の農産物などを使用してレシピを考案した児童

「とちぎ小江戸ブランド」の食品を使った料理を提案するレシピコンテストの最終審査

市独自の農産物などを使用してレシピを考案した児童 「とちぎ小江戸ブランド」の食品を使った料理を提案するレシピコンテストの最終審査

 【栃木】市の「とちぎ小江戸ブランド」の食品を使用した「とちぎ小江戸ブランド小中学生調理レシピコンテスト」の最終審査が12日、栃木農業高で開かれ、吹上中1年押山麗奈(おしやまれな)さん(13)が最優秀賞に輝いた。

 栃木地区農業教育連絡協議会が、同ブランド品を通じて市の魅力を再発見してもらおうと初めて開催。昨年10~11月に計7作品の応募を受け、1次審査の書類選考を行った。1次審査は全作品が通過した。