那須烏山市の放課後児童クラブで昨年12月下旬、運営するNPO法人の女性職員(30)が、正座で食事をする小学1年男児の両脚を動かないようにするため、太ももに粘着テープを貼っていたことが11日、市などへの取材で分かった。市などによると、女性職員は「歩き回らないよう安易な気持ちでやってしまった」と説明したという。市は「あってはならないこと。虐待と捉えられても、おかしくない行為」としている。