講演する電気通信大大学院教授の坂本氏=10日午後、宇都宮市内

 会員制組織「しもつけ21フォーラム」1月例会(下野新聞社主催)が10日、宇都宮市内で開かれ、電気通信大大学院情報理工学研究科教授の坂本真樹(さかもとまき)氏(49)が「AI/IoTを活用したビジネスの可能性」と題して講演した。

 坂本氏は言葉と五感・感性の関係に着目し、主観的で曖昧な「言葉」や「オノマトペ(擬音語・擬態語)」について、人工知能(AI)を用いて数値化し、客観的に評価する研究を進めてきた。

 「主観による質感などが分かるAIがあればもっと産業が発展するのではと考えた」と、感性など正解がない分野でAIを活用することで新たなアイデアやより良いものづくりへの支援につながると説明した。