JR東日本によると11日午前9時55分ごろ、東北新幹線はやぶさ7号(東京駅発新青森行)・こまち7号(東京駅発秋田行)が郡山駅を通過中に異常な音を感知したため停車し、車両点検を行った。安全の確認がとれたため同10時13分に運転を再開した。

 この影響で、下り2本に最大25分の遅れが生じ、約500人に影響があった。