ニホンライチョウの保護増殖事業について議論した環境省の検討会=10日午後、東京都内

 国の特別天然記念物ニホンライチョウの保護増殖事業について専門家らが話し合う環境省主催の検討会が10日、東京都内であった。那須町大島の動物園「那須どうぶつ王国」を含む5施設が行う人工繁殖の進捗(しんちょく)などが示され、事業の普及啓発の一環で各施設が飼育個体の展示公開を本年度内に始めることが決まった。

 研究者や施設関係者ら約40人が出席。今の人工繁殖計画は2014年度に始まり、同園は17年度に5カ所目の飼育施設に選ばれた。