焼却灰などの搬入が再開した「小俣処分場」

再開された最終処分場への搬入作業を見守る関係者たち

焼却灰などの搬入が再開した「小俣処分場」 再開された最終処分場への搬入作業を見守る関係者たち

 【足利】小俣町の市一般廃棄物最終処分場「小俣処分場」が使えなくなっていた問題で市は10日、約3年10カ月ぶりに焼却灰などの搬入を再開した。借地に整備した同処分場は土地所有者と賃貸契約を更新できず使用できなくなっていた。昨年末、東京高裁で行われた和解協議で市と土地所有者が搬入再開で合意していた。

 午前9時半、野田町の南部クリーンセンターからダンプカー2台で運ばれた焼却灰7トン、不燃物3トンが埋め立て地に搬入された。