図書館のコンセプトなどを紹介するパンフレット

民営図書館がオープンするもみじ通り近くのアパート

図書館のコンセプトなどを紹介するパンフレット 民営図書館がオープンするもみじ通り近くのアパート

 【宇都宮】西2丁目で建築設計や空間プロデュースを手掛ける「ビルススタジオ」が、もみじ通り近くのアパート「カトレア荘」(西3丁目)の空き部屋を活用し、民営図書館「もみじ図書館」を今春開館する。オープンに向け昨年12月から改装工事をスタート。地域住民や買い物客が集える場としての役割も担っており、担当の堀内友加里(ほりうちゆかり)さん(25)は「居心地よく過ごせる場にすることで、もみじ通りの魅力を一層感じてもらいたい」と話している。

 アパートは築50年の木造2階建て。同社が2年ほど前から入居者を募集していたが、一昨年から同社のスタッフが空いている1階2部屋の活用を検討。昨年夏、地域住民や利用者の共有スペースの要素を兼ね備えた図書館を考案した。