栃木GB開幕戦、昨季王者と引き分け 八木、最終回に劇的同点弾

 野球独立リーグのルートインBCリーグは7日開幕し、各地で3試合を行った。参入2年目の栃木ゴールデンブレーブス(GB)は前橋市の敷島公園野球場で昨季東地区王者の群馬と対戦、最終回に八木健史(やぎたけし)の3点本塁打で同点に追い付き、7−7で引き分けた。今季加入した前巨人の村田修一(むらたしゅういち)は4番サードで先発出場し、3打数無安打(2四死球)だった。

 栃木GBは初回、先発中村恵吾(なかむらけいご)が1死一、二塁で相手主砲に先制の中越え3点本塁打を浴び、二回にも下位打線に追加点を奪われて降板。2番手小林佑輔(こばやしゆうすけ)も四回2死から2点本塁打を浴びるなどし、七回までに7失点した。

 打線は四回1死満塁の好機に村田が併殺に倒れるなど、相手先発に要所を締められて七回まで3点止まり。八回に9番山崎貴之(やまざきたかゆき)がソロ本塁打を放つと、九回は1死一、二塁から八木が起死回生の同点弾。最後はクローザー橋詰循(はしづめじゅん)が完璧に抑え、規定により九回時間切れで引き分けた。