セルジオ越後SDら栃木県庁訪問 アイスバックス、シーズン成績を報告

 アイスホッケーアジアリーグ・HC栃木日光アイスバックスのセルジオ越後(えちご)シニアディレクター(SD)らが6日、県庁を訪問し、福田富一(ふくだとみかず)知事にシーズン終了の報告を行った。

 バックスはレギュラーリーグ14勝14敗で3季連続のプレーオフ進出を果たし、5位。初開催となった国内4チームのリーグ戦「ジャパンカップ」では2位に食い込んだ。

 FW岩本和真(いわもとかずま)ら3人とともに県庁を訪れたセルジオ越後SDは「シーズン序盤にケガで外国人選手を欠いたが他の選手が踏ん張った。サポーターからは『今季のバックスは面白い』との声も聞かれた」と収穫を強調した。