満開の夜桜 幻想的に 那須・堂の下の岩観音ライトアップ

満開の夜桜 幻想的に 那須・堂の下の岩観音ライトアップ

 那須町芦野の名勝「堂の下の岩観音」で樹齢300年以上のエドヒガンやソメイヨシノが満開となった。日没後のライトアップに水鏡となった水田が演出に加わり、幻想的な景観が広がっている。

 岩観音の護持会によると、観音堂は高さ約30メートルの岩肌にあり、お堂を覆うよう桜が咲き誇る。満開の状態は今週末まで。続いて現在三分咲きのヤマザクラが見頃になるという。

 5日夜は弱風で水鏡が揺れる中、写真愛好家たちが続々と訪れてはカメラのシャッターを切っていた。

 那須塩原市鍋掛、飲食店従業員大野真紀(おおのまき)さん(23)は「暗闇に浮かぶ景色がとてもきれい。友人にも見せたい」と話した。

 ライトアップは午後6~同9時、21日まで。