最後の春高バレーに臨んだ国学栃木の福田監督

 国学栃木高女子バレーボール部の福田均志(ふくだひとし)監督(65)が、5日の全日本高校選手権大会(春高バレー)で勇退した。同部を率いて43年。通算80回の全国大会出場、2度の全国制覇という歴史を一代で築いた名将が高校バレーの舞台を降りる。

 高校時代は同校主将でセッター。「選手としては限界」と指導者の道へ。学生時代にコーチを務め、教員として着任と同時に監督に就任した。