足利銀行で入行式 栃木県内でも新年度スタート

 新年度がスタートし、県内の企業や銀行で2日、入社・入行式が行われた。足利銀行(松下正直(まつしたまさなお)頭取)は、宇都宮市内の本店で入行式を行い、めぶきフィナンシャルグループ(FG)2期生となる189人(男90人、女99人)が社会人生活のスタートに決意を新たにした。

 今年の入行者数は昨年より12人多く、国有化後の再民営化以降最多となった。地域貢献の一環で高卒者を20人以上増やした。