栃木SC、4試合ぶり敗戦 福岡に1−2

 明治安田J2第7節は1日、各地で9試合を行い、栃木SCは福岡市のレベルファイブスタジアムで11位福岡と対戦、1−2で競り負けた。4試合ぶりの敗戦で通算成績は2勝1分け4敗の勝ち点7のまま。順位は18位に後退した。

 栃木SCは前半2分、相手FKの素早いリスタートから右サイドを崩され、あっさり先制点を献上。5分後に与えたFKでもリスタートの隙を突かれ、シュートのこぼれ球を押し込まれた。

 17分にはMF多田凌輔(ただりょうすけ)がラフプレーで一発退場となり、21分には相手のラフプレーで得たPKをFW大黒将志(おおぐろまさし)が失敗。それでも10人対10人で迎えた33分に相手GKが前に飛び出したところをDF服部康平(はっとりこうへい)が押し込んで1点を返した。