なかがわ水遊園で「水中入社式」 初仕事は水槽磨き 大田原

 【大田原】佐良土の県なかがわ水遊園は1日、アマゾン大水槽で「水中入社式」を行った。式は5回目で、今年は飼育担当の男女3人が対象。代表して柴田真子(しばたまこ)さん(24)=福島県西郷村出身=がスーツ姿のまま潜水した。

 小学生の頃に同園を訪れ、淡水魚や工夫を凝らした企画に魅了されたという柴田さん。「ここで働きたい」と同園に手紙を送り、勉強を頑張るようにとの返事をもらったこともあった。大学卒業後、2017年10月から飼育嘱託員として同園に勤務していた。

 柴田さんはこの日、少しおぼつかない動きで水槽内に登場。同様にスーツ姿のまま水槽内に入った吉沢豊(よしざわゆたか)園長から辞令を受け取った。その後、初仕事としてスポンジで水槽を磨いた。