栃木SC、1日福岡戦 堅守復調、3勝目狙う

 J2第7節の栃木SCは1日午後2時から、福岡市のレベルファイブスタジアムで11位福岡と対戦する。第4節からの3試合を2勝1分けで終えて15位に浮上、一気に上昇気流に乗りたい。

 大量失点で開幕3連敗を喫した栃木SCだが、最近3試合は1失点。最終ラインに田代雅也(たしろまさや)、服部(はっとり)康平(こうへい)、西河翔吾(にしかわしょうご)が並ぶ3バックが奏功し、持ち味の堅守速攻で戦えるようになった。

 横山雄次(よこやまゆうじ)監督が求める、コンパクトに戦うスタイルが徐々に浸透。ゲームキャプテンを任される服部も「味方同士の距離の近さが安定感につながっている」と守備に手応えを感じている。

 対する福岡は、元日本代表の森本貴幸(もりもとたかゆき)やトゥーリオ、ドゥドゥの両ブラジル人ら強力なFW陣を擁する。ここ3試合は1分け2敗、2得点と波に乗れていないものの、スピードあるアタッカー陣は脅威で、注意が必要だ。

 横山監督は「福岡は個人の能力が高く、レベルは上。主導権は握られるだろうが、粘り強く戦いたい」と強調した。