集中して慎重に筆を運ぶ参加者

 【市貝】新春恒例の町書き初め大会が4日、町町民ホールで開かれ、町内の4小中学校から22人の児童生徒が参加して日頃の練習の成果を競った。

 今年は「光」をテーマに、光にまつわる「光る朝日」「日光連山」など学年ごとの課題を1時間で書き上げた。書道教室などで習う参加者も多く、母親ら家族の手伝いや励ましを受けながら一画一画集中して丁寧に筆を振るっていた。