ブレックス3試合ぶり白星 攻守安定、渋谷に87−64

 バスケットボールB1第26節は30日、各地で2試合を行い、東地区4位の栃木ブレックスは墨田区総合体育館で同6位のSR渋谷と対戦、87−64で快勝した。3試合ぶりの白星で、通算成績は26勝22敗。順位は4位のまま。

 ブレックスは16−15で迎えた第2クオーターに一気に突き放した。ライアン・ロシターや田臥勇太(たぶせゆうた)、渡辺裕規(わたなべひろのり)などが得点を重ね、前半を45−26で終了。後半も安定した攻守で相手を寄せ付けなかった。ロシターがチーム最長の27分31秒プレーし、11得点、12リバウンドと活躍した。

 ブレックスは31日午後3時5分から、同会場でSR渋谷と対戦する。