園児と、はっけよい 黒羽高相撲部が相撲教室 大田原

 【大田原】宇都宮市中島町4丁目のたんぽぽ保育園の年長児23人は28日、黒羽高で同校相撲部による相撲教室を体験した。

 年長児の間では相撲が人気で、遊びの時間にトーナメント戦で勝ち負けを競うなどしてきたという。教室は卒園旅行の一環として初めて企画された。

 園児たちはこの日、手縫いした長さ約3メートル60センチのまわしを身に着けて臨んだ。相撲部員4人にアドバイスを受けながら基本動作を確認。その後行われた部員との取り組みでは、自分より何回りも大きい相手に果敢に挑んでいた。