【栃木】認知症予防につなげてもらおうと、日本珠算連盟栃木支部は今月から、原則60歳以上を対象に無料の「シニアそろばん講習会」を初めて開く。指先を動かし計算することで受講者に脳の活性化を図ってもらうことが狙い。支部の会員が講師を務め、そろばんの基礎から初級程度の加減乗除の計算までを全8回で実施する。参加者を募集している。

 講習会は16日~2月13日の祝日を除く月、水曜の午前10~11時、片柳町2丁目の栃木商工会議所会議室で開かれる。そろばんの珠の読み方や置き方、指の使い方などから、同連盟の珠算能力検定試験6級程度の難易度に当たる「3桁掛ける2桁」の掛け算、「4桁割る2桁」の割り算までに取り組む。